Log


マンガ

海闇・セトアテ

三騎士

□←NEW 
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)

スポンサー広告

ポケットにしまったままの話

未来ロード未来言ってる奴に限って、人一倍過去にこだわってて、
一方、過去記憶前世って言ってる奴は、誰より未来に餓えてるんじゃねーのかなぁ。
なんてご都合主義な妄想です。


盛大なネタバレ第二弾
本の隠し設定というか、描ききれなかったエピソードについて

あとがきに描けば済んだんですが、描き終えた時にはすっかり記憶から飛んでいたという…。
フェス後日に友達と本の話をしていたら思い出したのでお話します。

作中、海馬くんはずっと胸ポケットにペアリングを忍ばせておりました。
だってゲームのために電車通勤やらマンションやら借りる男が指輪を拵えないわけ無い…!

しかし王様が社長より恥ずかしい行動(油性ペン)に走り、出すに出せない状況に。
王様は、海馬がペアリングを用意するであろうと予想していました。
海馬と共有した時間を現物で残すことを、王様は極力避けたがっています。
やめろっつっても一生大事にしそうだし、枷みたいになりたくない。
こんな王様の悩み、海馬にとってはどうでもいいというか、もう手遅れだからお前は余計なこと考えるなって感じなんですがね。
全部踏まえた上でのプロポーズに決まってんじゃねーか 甘く見んな!
海馬はね、乗り越えるし忘れないのよ。
ポジティブというより、未来切り開いちゃうオレカッコイイ!!
なナルシズムも若干混じっている。

結論:海馬ばかカッコイイ 





スポンサーサイト

2010.10.21(Thu)

日記・お知らせ // コメント-0件 // トラバ-0件

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ見せる

トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。